The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫





スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP207:約束の時〜続・約束のスクロール

EP162:約束のスクロールのその後。


787 名前: 約束の時
いい話書庫に「約束のスクロール」の話でせていただいた白タルです。

 昨日、ついに約束の時がおとずれました(>_<)

 久しぶりにヴァナにあがり、フレンドをなにげなくサーチしていたとき。
 タル黒の彼の、サポ白レベルが20に達してるのを見つけました。
 リアルの都合で、私がしばらくヴァナから離れていた間に、彼はもうすでに白17を超えてしまって
 いたのです。

 きっともう20になってしまったんじゃ、シェルラの魔法買ってるんだろうな・・・
 ちょっと寂しいけど、しばらく会えなかった私が悪いんだし・・・

 と思いつつ、笋鯑れるのをためらいつつも、彼がいるクフィムに向かいました。

すると、クフィムに入ったところで彼からの笋ありました。
 黒タル 「ひさしぶりだねーー!!元気にしてた?僕は元気だよ♪」
 私   「うん、ひさしぶりだね(^^)なかなかこれなくてごめんね・・・
      白20になったんだね、おめでとう!」
 黒タル 「うん!がんばったよ、白苦手だけど、17まで頑張るって約束したじゃん!」
 私   「え??覚えてたの?あの約束・・・」
 黒タル 「もちろんだよ!だってすごく楽しみにしてたんだもの。ずっと魔法買わないで
      まってたんだよ、絶対来てくれると思ったから」
 私  「・・・・・・・・・・そっか」
 
 私は胸がいっぱいで、ほかに言葉がでませんでした。
 あの約束、彼はちゃんと覚えていてくれたのです。
 彼にスクロールを渡すと、彼はその場で魔法を覚えてにっこり微笑みました。

なんだかもう、ほんとに嬉しくてなんだかわからないけど、ほんとに私は涙がとまりませんでした。
 黒タル 「約束、覚えててくれたんだね、ありがとう(^^)」
 私   「ううん、ううん、私こそありがとう(;;)」
 黒タル 「なんで〜御礼言うの僕のほうなのにー」
 私   「ううん、違うの・・・なんだか約束覚えててくれたの嬉しくて。。。ずっとお守りになって
     くれたよ、そのスクロール。ありがとうね」
 黒タル 「じゃ、今度またなにか新しいお守りあげる!楽しみにしてて!」
 私    「うん、じゃー楽しみにしてるね」
 黒タル 「うん、今度は僕が約束するよ(^^)」
 私   「・・・・ありがとう。楽しみにしてるね!」

 あれからヴァナでも随分と時間がたちました。
 何人も黙ってヴァナから去っていった友人もいます。
 私は、あまり時間をゲームにさくことが出来ませんが、こんな素敵なことがあるだけで、
 ヴァナにきて、沢山の友達に出会えて、本当によかったと思います。

 また新しい素敵な約束を、これからもたくさん出来たらいいな。

 思い出みたくなってしまいましたが、以前の話を掲載していただいたので、再び書かせていただきました。
 長くなってしまってすみません。
posted by Yukis 14:25comments(0)trackbacks(0)





EP206:いつかの約束〜想い出は永煙に。

761 名前: 赤ガル
ある晴れた日の午後、LSもはずして灯台前で飛空挺を見ながら釣りしてる俺。
そこへフラっとやって来て真横に竿を並べる見知らぬ猫タン。

「釣れてますか?」って普通にしゃべり掛けてきた彼女。
「ボチボチでんなぁw」と世間話をしながら、小一時間のんびりした空気が流れました。
俺が何匹か鰯を釣り上げていると、またフラっとどこかへ。
(エサ切れかなー)と思ってたら、
一瞬で帰ってくるなりトレードの申込みが。見ると俺の大好物のソーセージ。
何で?と思いつつお返しに、とれとれピチピチの魚を持ってるだけトレード。
そしたら彼女がいきなり「この前は砂丘でありがとう...。」
「え?俺?」一瞬何いってるか分からず戸惑う俺。

彼女「連続魔で救ってもらいました。」
俺 「あー、あのおっちょこちょいのw」
(1回死んで、街出たとこでまたゴブに絡まれ、通りすがりの俺が連続魔で)
彼女「お礼に約束してた○○さん(俺)の大好物焼いてきたのw」
どうやら焼いてる途中でたまたま俺を見つけ約束を思い出したらしい。
かなり昔の事で俺は完全に忘れてたよ。ゴメン。
照れた猫タンはスグにいなくなったけど、「ありがとう」という言葉がログに残ってる内に、
さっき喧嘩してたLSをもう一度付けようと思いました。
猫タンこちらこそお礼がしたいです。


763 名前: 既にその名前は使われています
>>762
いい、、、


764 名前: 既にその名前は使われています
おいおい、ネタだろ?
ネタだよな?な?
お願いだからネタだと言ってくれよう。


765 名前: 既にその名前は使われています
>>764
ここに書いてあることがネタかどうかはヴァナに行って助けられてみりゃ分かる


767 名前: 既にその名前は使われています
>>764
ここに書いてあることがネタかどうかはヴァナに行って助ける側になってみりゃ分かる

785 名前: 既にその名前は使われています
イイ! ・゚・(ノД`)・゚・。

最初のなんでもない一行が、あとで泣かせるじゃないか。
LSを外して釣りをしてたとき、どんな気持ちだったんだろうな。
posted by Yukis 14:13comments(0)trackbacks(0)





EP205:アップルパイと白タルと。お次はエッグタルトでも如何?

756 名前: 既にその名前は使われています
良い話かわからないが、暇なので書いてみる。

漏れは調理人。
調理人の性で、いつもPTメンバーについ手作り弁当配っちゃう。

そんなある日ジュノで野良PT組んだ。
その日も、もちろんメンバーに弁当配った。
中に白タルの女の子がいて、その子にはアップルパイを1個あげた。
白タルは早速もぐもぐ食べて、「MP25も増えたよ!」と
踊りながら大はしゃぎしてた。
冒険終えて解散する時、その子が「友達になってください。」と言うので
フレンド登録した。

それから1週間くらい経ったくらいかな、ポスト確認すると
トカゲの卵が1ダース入ってた。差出人は白タルだった。
メッセージも来てて、「この前はアップルパイありがとう。
調理する人が喜ぶと聞いたので、タマゴ集めました。ぜひ使ってください。」
みたいなことが書いてあった。

漏れは恥ずかしながら廃人のため、ほとんど1日中ヴァナにいる。
フレンドリストもわりと頻繁に確認してる。
その子がPT組んだ後、ほとんど毎日早朝1〜2時間くらい
ずっと涸れ谷にいた事も知ってた。
タマゴより白タルの律儀な一生懸命さがうれしかった。
うれしくなってアップルパイ5ダース送り返したら、白タルがおびえてました。
正直、やりすぎた。
でも、それかずっと白タルとは仲良しです。


758 名前: 既にその名前は使われています
>アップルパイ5ダース
ワラタ
良い話だね


759 名前: 既にその名前は使われています
>>757
5ダースはやり過ぎだけど、ほのぼのしててイイ!
posted by Yukis 14:09comments(0)trackbacks(0)





EP204:蝕む

649 名前: 既にその名前は使われています
昔、ガル白でセルビナの丁度良いトンボをソロで狩ってて毒をくらった。
丁度回復しながらやってたから、MPは空だった。
自然に治るだろうと思って待っていたら、ナカナカ直らないし段々HPが
減っていってとにかくセルビナに行こうと思い走っていると、
HPが間に合いそうも無く、ここで死ぬのかぁと、諦めて立ちすくむと
近くに人が1人いたのでテルしようとしたら間違えて調べてしまって、
慌ててたので謝ろうとしたら、ケアル2してくれました。
その後、ポイゾナして頂けました。
お礼をいって別れましたが、MPが足らなければ何も出来ない、誰も
助けられないと自分が悲しくなりました。
これからもっと皆の役に立てるようになりたいと思った(ガル白ですがね)


652 名前: 既にその名前は使われています
>>649
毒持ちのいる狩場では、毒消しを1ダース持ち歩いて300〜500でバザるといい。
「ポイゾナ掛けて」と言えないシャイな奴も助けられるし、
自分が戦闘中でも問題なし。いざという時は自分でも使える。
安く売りすぎると買い占められちゃうので300程度がいいかと。

小銭稼ぎに始めたんだけど、以前ここに書いたらやたら持ち上げられたんで
やめるにやめられなくなったよ……。


653 名前: 既にその名前は使われています
>>649
よくある話だけどあの人かな?
なんか白なのに座らないでおろおろ動いてて
変だなあと思って、HP見てみたら減ってるのわかったんだよね。
死を覚悟する前にセイでいいから「毒です、助けて」って言って下さいな。
MPだけが人を助けるんじゃないよ、助けようと言うキモチがお互いを助けるんだよ。
ガル白ガンバレー/cheer
posted by Yukis 15:32comments(1)trackbacks(0)





EP203:黒の系譜につらなる死の香りは因果。されど我、汝を守らん。

580 名前: 既にその名前は使われています
飄々としていて掴み所のない黒魔さん。
知り合いの戦士は彼に対して「リンクってやばい時にまっさきに逃げた」
と愚痴をこぼす。事実、逃げの合図があると彼はいつもまっさきに逃げる。

そんな彼は現在暗黒。私は白で、二人PTを組んでクフィムに行った時のこと。
巨人を狩っていたらえびがリンク。やばくなって慌てて祝福発動させる私。うつるタゲ。
彼は暗黒なので当然挑発なんて器用な真似はできない。
HPも赤くなり、駄目かぁと死を覚悟したその瞬間、残りMP全部使ってプロテアをかける暗黒。
見事にタゲは暗黒に戻り、巨人&エビも駆除成功。本当にギリギリ。
「ギリギリで楽しいなw」と笑いあって、さあ回復しようと座った途端
背後から巨人にどつかれる私。慌てて逃げるも途中で死亡。
とりあえず暗黒は無事だったので「そのまま逃げ〜」と言ったが、
彼はなぜか私の死体のそばでぴたと止まる。見ると、彼のHPも赤でやばい。
「逃げぇよ、ひょっとして助かるかもしれんし」と言ったが、
いつもの飄々とした調子で「まあいいや」。
結局辻ケアルが飛んできて、彼は奇跡的に助かった。

クフィムからジュノに戻り、他の仲間と合流。話題はちょうど戦士が白を守るのはうんぬんの
ような内容。そこで女白さんが暗黒に向け一言。
「○○さんは前黒魔で今暗黒だから、守るとかそういう気持ちわかんないよね〜w」

女白さん、貴方は知らないんです。彼は、私に移ったタゲを懸命に引き剥がそうとした。
死んだ私に対し、「死なせてごめん」と、ぽつっと言ってくれた。
普段滅多に喋らない彼が、シャウトでレイズ要請までしてくれた。
賢い人だと思うから、きっと自分にできることできないことの判断を瞬時にして、
出来ないと分かるとあっさり割り切ってしまうのだろう。
黒でさっさと逃げるのも、HPが赤になったら逃げないのも、きっとそういう判断に
基づいたもの。でも、やれることがあれば、最後まできちんと責任を果たしてくれる。

彼は反論することなく、いつもと同じように黙っていたけれど、
私はちゃんと、貴方が精一杯守ってくれたことを覚えています。とても嬉しかったんですよ、ありがとう。
白として、多くの前衛と付き合ってきたが、彼は今もこれからも信頼できる前衛の一人。

583 名前: 既にその名前は使われています
良い話。ちょっと和んだ。

…でも、暗黒さんプロテア撃てるって事は、ひょっとしてサポ白?


584 名前: 既にその名前は使われています
元黒の暗黒だから当然白は15以上だろうね。
正直22以上の暗黒はサポ戦よりサポ白の方がいいと思う時がある。
イメージ云々は別として。


585 名前: 既にその名前は使われています
「さっき助けてもらっちゃったよ」くらい言ってやれよ!


586 名前: 既にその名前は使われています
>>584
禿同。
ケアルガで回復&タゲ取りもできるし、MP多いから活躍できるよ。
なんちゃって赤魔として。 ・゚・(ノД`)・゚・
581がその女白に対してその暗黒さんのフォローをしてあげたのかが
ちょっぴり気になる漏れも暗黒…


587 名前: 580 投稿日:
>583
うい、サポ白です。ずっと黒白で、戦士は上げてないようだったので。

>>585>>586 
むろんフォローはしますた。ていうか、女白さんのこの一言は、
黒でも暗黒でもない私がかっちーんと来てしまったので、
フォローせずにはおられませんでした。
なんつーか、私が言われたわけじゃないが、すげぇ悔しかった。
白のセリフじゃないと思った。暗黒がばれ!
posted by Yukis 13:43comments(2)trackbacks(0)





EP202:盗賊激励

553 名前: 既にその名前は使われています
私にとってちょっといい話だったこと
フレンドに誘われてエルヴァーンシーフ24歳ジュノデビュー
自分でもちょっと遅いかな?と思ったけど、ジュノだと絶対誘われないから
今もPT参加希望シーフのシャウトが乱れ飛んでる
他のジョブのシャウトはすぐ聞こえなくなるのに、なんでシーフのシャウトはいつまでも聞こえてくるんだろう・・・

そして、ジュノ下層でフレンドのPTに合流
「6人目はシーフさんですねw」
「はい、すいません。よろしくお願いします」
「あやまらんでもwwシーフいいじゃん」
そんなこんなで、にわかシーフ褒め会話になりました
シャレのつもりで
「ありがとうございます、できればそれをシャウトなんかで・・・」と、言ったところ

PTメンバ1「シーフ最高〜〜〜〜」
PTメンバ2「シーフ最高!!」
知らない人1「ありがとーーーー」
知らない人2「そうだ!シーフ最高!!誘え〜」
知らない人3「シーフ最高!!??」
知らない人4「応援せんきゅーーー。がんばるよーー」
PTメンバ3「シーフ最高〜〜(^^)/」


沢山シャウトが並びました。
わたしはちょっと呆れたけど、すごくうれしかった
私を含めて、少なくても5人のシーフが癒されました
シャウト効果があったかはわからないけど、活躍できるシーフが増えるといいな
私もがんばってシーフの良さをアピールしよう!
こんなPTに誘ってくれたフレンドにも激感謝!!
posted by Yukis 13:34comments(4)trackbacks(0)





EP201:グスタベルグ買い物紀行

504 名前: 古い話だけど
サポ用の白のLvあげに砂丘に向かう途中、北グスタに入った地点で1人の樽♂白に、
バストゥークは何処にあるのかと尋ねられた。サーチしてみるとサンドのLv3でサポ
無しランク1...ひたすら敵を避けてここまで辿り着いたという。

なんでも、ブロンズハンマーを安く買えると聞いて地図も持たずにやって来たという。
樽萌えな自分は早速バスまで案内し、無事に着いたので/welcomeするとえらく感激された。
ハンマーの値段を知っているのかは聞かなかったけど、地図でも買って下さいと、お金を
少しばかり渡してあげた。遠慮してたけどPCとのトレードも初めてらしく、こちらの言うが
ままに決定押してくれて成立。

彼の楽しみを少し奪ってしまったのかもしれないけど、彼のような冒険者への援助は
惜しみたくなかった。はしょって書いたけど、グスタベルグの事を知らない彼を案内
する事は、とても新鮮で緊張感に溢れる楽しいものだった。

メインジョブはキャップに到達してた自分は彼と別れた後、ひとつの決心が出来た。
すぐに全装備を売り捨て、ズボンと釣り具一式を買い揃えると所持金を0にした。
彼のような冒険者になりたくて今日も1人、世界を歩く自分がいる。

最近、吟遊としてジュノにデビューした彼がFFを楽しんでくれていれば良いのだけど。
そしていつか彼と一緒に組んで旅をしたいな...。

いい話でもなんでもなくてスマソ
posted by Yukis 13:27comments(1)trackbacks(0)





EP200:白の誇りを胸にヴァナ・ディールを歩く

460 名前: 既にその名前は使われています
感動もない、本当にちょっとした話なんだけど。
私は白猫30。今日、素敵なPTが組めました。
素敵なPTと言っても、効率が良かったり
てきぱきとしたリーダーが居た訳でもありません。
ただ、組んだ人みんながとても気持ちいい人達だったのです。
リンク等で敗走しても、みんな「次は頑張ろうね!」と言ってくれる。
死者が出ても、「失った分まで取り戻そう^^」。
当然死んだ人もいい人だったので「うん^^」と、とても良い雰囲気。
自己犠牲狂な私も、3回程犠牲になり死にましたが
その度にみんな凄く感謝してくれます。
内心では自己犠牲を嫌っているのかも知れませんが、そんな事は気にしません。

「すみません」 ではなく 「ありがとう」

そう言ってくれる仲間達に囲まれ、
一度も嫌な雰囲気になる事がなく、楽しい時間が過ごせました。
感謝される為に死んだ訳ではないのですが、
やはり白の仕事は仲間を助ける事だ、と実感できました。

『貴方を悲しませたくないから、貴方に笑って欲しいから。
 だから私は今日も白魔導師として、ヴァナ・ディールを歩くのです』

そんな詩的で(そしてちょっと恥ずかしい)言葉が浮かんだ日でした。
もし、皆様の周りで犠牲になった方が居るなら
是非「ありがとう」と言ってあげて下さい。
それだけで、私達は素敵な気分になれるのですから。
(かっこつけた書き方をして、スミマセンでした。
 ただ、調子に乗って詩でも書きたくなる位良い気分なのです^^)
posted by Yukis 15:31comments(0)trackbacks(0)





EP199:The栽培道

361 名前: 既にその名前は使われています
謎の香草の種、300で売れると言うんでジュノで
バザってました。あんまり売れなかったんですが、ル・ルデの庭で
柔術着を着たガルカさんに1つ売れました。

ガルカからのTell>>育ててみます

なんか嬉しかったです。


365 名前: 既にその名前は使われています
>>361
でかい図体の柔道着ガルカが鼻歌歌いながら植木鉢に水やってる光景が浮かんでなんかワラタ

posted by Yukis 15:06comments(0)trackbacks(0)





EP198:The調理道

355 名前: 既にその名前は使われています
もう日課となった、サンド食料品店でのバザー品合成。
まぁよく会う同門の人もいるわけで。
情報交換やにわか調理人への愚痴などこぼしながら合成してます。

そこへやってきたバザー中のヒュム。
後進のための習慣で、覗いては売れなさそうな料理を買い取っているわけですが。
干し肉2ダースキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

絶対売れません。決して誰も買いません。
狩りにいく予定もなかったので、1つだけ買ってその場で食べました。
 干し肉氏 「ありがとうございます。よかったらおまけでプルスはどうですか?」
自分もやったデジャ・ヴュに、目から汗が出る思いでした。
絶対収支マイナスになるけど、もらってくれると嬉しいんだよな…おまけ。
串焼きでささくれだった漏れに初心を思い返させてくれました。


362 名前: 既にその名前は使われています
>>355
和みますた。
頑張れ!
posted by Yukis 15:05comments(0)trackbacks(0)


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。