The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP106:お兄ちゃんも、あわてちゃいました(兄妹愛2) | main | EP108:ケアルスコールwithポイゾナ(ケアルシャワー2) >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP107:最後の敬礼。「ラムよ、ボクが相手だ!」

819 :既にその名前は使われています
少し前の話ですが・・・
白・赤2人でPT組んで羊狩りしてたんです。
途中で、やはり戦士が一人欲しいねって事で相手の白さんがサーチでさそったんですが、
やってきたのは「樽戦士・・・」。
「大丈夫か?」と思いつつ出発しましたが・・・。
案の定というか、一生懸命盾役をやってくれるものの、見てるコッチが心配になってくる始末。
「やはり樽で戦士はキツイのか〜」などと考えていたその時、「大羊」がリンク!

「逃げろ!」と白さんが叫び、祝福発動!
タゲが移り、一撃でHPの8割を失う白さん。
「あかん!全滅だ!」そう私が思った時・・・
「皆さん、ご無事で!」と樽戦士さん。そして挑発&PT離脱・・・。
「え?」と後ろを振り返った時、私の目にうつったのは、

小さな戦士の最後の「敬礼」でした・・・・。

823 :既にその名前は使われています
>>819
その時、樽戦士の顔には確かに微笑が浮かんでいたという・・・。

泣けた。
前にあった毒喰らったシーフの/waveにも泣けたが、これも相当。

826 :既にその名前は使われています
>>819
おおぉぉぉ・・・・。
泣ける・・・・。
実は俺も樽戦士やってるんだけど、そいつはパーティに
誘ってもらっただけで、うれしくてうれしくてしょうがなかったんだろうなぁ・・。
それでせめてお役に立ちたいと思ったんだよ。

俺もパーティに誘ってもらうってこと無いんだよ〜。

そんなに樽戦士は役立たずでつか?
いっしょにいたら迷惑でつか?


posted by Yukis 15:58comments(1)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 15:58 |-|-


この記事に対するコメント











いや、樽戦士は、可愛くて好きやけどなぁ、、、個人的に(-ω-)/
かず | 2004/11/05 3:16 PM


この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/108


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。