The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP107:最後の敬礼。「ラムよ、ボクが相手だ!」 | main | EP109:受け継がれる想い >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP108:ケアルスコールwithポイゾナ(ケアルシャワー2)

884 :既にその名前は使われています
セルビナでのことです。
帰ってきてそろそろ落ちようかというとき、遠慮がちなsayが。
「すみません、毒で死にそうなのですが、どなたかケアルいただけませんか?」
あわてて探すともうご臨終寸前の本人が。すぐさまケアル2、そしてポイゾナ。
ところが漏れだけじゃなかったんだな。周りから大量のケアル、ケアル2、ポイゾナのシャワー。
みるみるうちにその人全快。
結構前の話だけど、そのあと、その人の「みなさん、ほんとうにありがとうございました!!!」のsayを見て、きっとみんな嬉しかったと思うよ。

898 :既にその名前は使われています
>>884
それ、私かも(^^;)
私は白なのですが、鞄鯖でセルビナでガガンボを探している時、毒を受けてしまったんです。
MPは4しか残ってなくて、セルビナに到着したのがHP13位しか残っていませんでした。
セルビナに入ってすぐsayでケアル、ポイゾナの助けを求めました。
あのケアルシャワーには本当、お世話になりました。

今でもセルビナの人達には感謝しています。
本当にありがとうございました。


posted by Yukis 15:58comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 15:58 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/109


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。