The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP113:小さなタルが、大志を抱き。 | main | EP115:【閑話】遙かなるWP、燃え上がる友情 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP114:真価

406 :既にその名前は使われています
コノ前よ〜
即席五人PTで組んでたのよ
ガル、樽*4でさぁ
そのガルカ優柔不断でうざくてさぁ
「任せます」とか「どっちでもいいけど〜・・・」
「こっちかな?」とかウゼェですわ
それでタロ行こうって話しになったときも
ガル「えっ!・・・」
もう死ねですわ

それでタロ行って狩ってたのね
狩りも一段落してヒーリングしてたんだよ
そしたら誰か殴られてるじゃないか・・・
って俺か??
もう焦りましたよ
こんな失態犯したら生きていけないもうダメぽですわ
そしたらガルカが
「入り口まで走れ」とか言って
その瞬間に挑発でした
今まで優柔不断だったのに・・・
それでタゲられたのは俺だったから回復しなくてはと思い後ろを見ると

いないじゃないですか!!
PTも抜けてるよ、おい!
僕は必死に戻りましたよ、だけどPT抜けてるから
MAP表示されないのね・・・
そこでテルしましたよ
僕「すみません、どこですか?」
ガル「今から行きますので待っててください」
僕「大丈夫ですか?」
ガル「逃げれましたから、ご心配なく^^」
よかったぁと思って皆で待ってると

全然来ない・・・
その後10分くらいタロ入り口で待ってると
その入り口から出てくるじゃないですか!
なんでだ?生きてたなら入り口から出てくるのは変ではないか?
おい!もしかして死んだのか?と思い
死んだのか?と聞こうとキボドを用意する前に
ガル「ごめんね、遅れて、あのあと不用意に歩いてたら
タゲられっちゃった」
・・・・
なんで謝るんだ?俺が全部悪いだろ・・・
なんで責めてこないんだ?
覚悟はできてたのに・・・
初めてゲームで涙腺が緩みました・・・

425 :既にその名前は使われています
人間やっぱ「いざっ!」ってときが
本性出るよな〜


 

posted by Yukis 16:29comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:29 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/115


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。