The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP115:【閑話】遙かなるWP、燃え上がる友情 | main | EP117:「絶対に死なせない!」 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP116:愚者にも神の息吹を

464 :既にその名前は使われています
昨日ダボイでレベル上げが目的のPTを組んでいました。
とにかくリーダーが自分勝手で暴言はきまくりでどうしようもなく困り果ててたところ
その時奥のほうから物凄い数のオークのトレインが。
もちろん私たちのPTレベルからしたらとてとてつよのオーク。瞬殺間違いなし
の相手に何を思ったのか戦士のリーダーが挑発発動。
その前からみんなから逃げろの声。もちろんみんな逃げました。リーダー以外
敵レベルの確認もせず挑発しときながら「何俺おいてにげてんだよ!!死んだだろうが!」
「責任持ってレイズできるやつさがせよ」とリーダー。
もうなんかいらいらをおさえつつもとにかく白さんと交渉して来てくれること
になりました。

しばらくして来てくれた白さんがいきなり「あ・・」って。
「どうかしましたか?」と聞くと、「この人と昔PT組んでて嫌な思い出があるんです」と。
どうやら事情をきくとPT組んでた時に全滅してしまって、祝福をかけるのが遅かったの
が原因でそのリーダーから「氏ね」っていわれてキックまでされたらしい。
もうその場はかなり気まずい状況に。
せっかく来てもらったけどそう言う事なら頼めないと思って他の白さんを
探そうとしたところいきなりその白さんからレイズの詠唱が

信じられない思いで長い詠唱を待ってました。どんな気持ちでレイズつかってるん
だろうかって。もしかして詠唱途中でやめてどっかいくかも、なんて一瞬考えたりも
しました。でもちゃんと蘇生させてくれたんです。
もうなんかどう感謝したらいいのかわかりませんでした。
終わったらちゃんと蘇生後の弱体についての説明もしてたし。
とにかく「ありがとう」やおじぎの/emでみんながお礼いってる中
「これが白の仕事です。この人にはシネと言われましたが僕はそれでも
あなたに死なないで頑張ってくださいと言います。」
そういってまた奥のほうに戻っていきました。
大人な白さんを見て身体が震えるくらい感動してしまいました。

文章変ですいません

472 :既にその名前は使われています
いい!素晴らしい話だ!
・・・が個人的には生き返らせてもらったどぐされ野郎の反応が知りたい、と思うのは
漏れだけか?
その白さんの台詞は死んだ馬鹿にも聞こえていたのか?

474 :既にその名前は使われています
うーん、白魔の鏡ですな。いい話だ。
ところで、後日談なんてものがあるなら是非聞きたいのですが。
その後のアホがとった行動とか。

476 :既にその名前は使われています
そのリーダーの事ですがしばらく無言でした。少ししてからメンバーが
そろそろ落ちますって言ったのをきっかけにPTを解散することになったんで
その後のリーダーについてはわかりません。少しはまともになってくれたら
いいんですけどね。


posted by Yukis 16:30comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:30 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/117


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。