The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP124:萌える漢 | main | EP126:10ギルの喜び >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP125:別れの季

920 :既にその名前は使われています
ソロでリザ狩り中に注意していていながら見事に邪視を貰ってしまう。
人のいない時間帯、ダメ元で救援要請を出すも・・・ヤバイ死ねる!

と思った矢先にチョコボから飛び降りサンダーでリザを蹴散らすお方が。

黒 タ ル で す た

お礼を言うと「最後に人助けができてよかった」と。
近いうちにFFを引退するそうな。

「もうスクウェアにはついていけませんから」
そう言って彼はデジョンで去っていきますた。
■や・・・ (つД`)・゚・


posted by Yukis 16:34comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:34 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/125


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。