The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP127:【閑話】Comment allez-vous? | main | EP129:ポストを開けると >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP128:【閑話】ママン・・・

98 :
直接的なヴァナディールでの良い話ではないような気がしますが。

私は実家の母親と一緒にPT組んでます。
母親の年齢は今年47歳。非常に遅咲きの桜です。
そもそも私はFF11をやるつもりがありませんでした。
でもゲーム好きな母親に私の分の周辺機器まで揃えられ、
尚且つ私の分の接続料まで支払うと強引に契約されました。

母はそれまでキーボードに触れたことすらなく、
実家に帰って必死に練習している姿が印象に残っています。
私はそれを無駄な努力だと思い、
「やめなよ、母さんに他の人と交流なんか出来ないよ」
「絶対嫌われるよ?酷いこと言われても知らないよ?」
と、暴言を吐いていました。でも母は、
「あんたと一緒にやるからいいの」
と言って譲りません。

正直言って物凄くウザと思ってました。
私がFFをやる時にはいつも母が一緒なのかと思うと、
母の事が気になってプレイに集中出来なくなる…と思ったからです。
ヴァナディールでは私はヒュム♂シーフ、母はエル♀赤です。
チャット操作は案の定ボロボロで、私も操作に慣れていない時は本当に苦労しました。
何度もプレイ中に母から電話がかかり、
「どうやってやるの?」や「あんたの場所がわかんない」
と言う電話の度にうんざりしていました。

仕事で時間もあまりなく、母親が居る時間も少し避け気味になったので
レベル5になるかならないか、そのぐらいまで私はほぼソロプレイをしていました。
数日ぶりに母親とヴァナで会うと彼女は戦士に。
「あれ?赤じゃなかったの?」
「赤はあんたとレベル離れたから戦士にした今レベル6」と、香ばしいことを言われ。
その時点で充分母は私のことを考えているのですが、
私もムキになっていたので「あっそふーん」としか答えませんでした。

その日、母と久しぶりにPTを組みました。
母はずっとソロでやっていたらしく、非常に楽しそうです。
私も戦士と一緒だと戦闘が楽なので二人でどんどんロンフォの奥まで進みました。
サンドリアなのですが、アウトポストの周辺まで進むと母から
「ここ危ない」
とPT会話。確かに、ゴブが危ない事は私も解っていました。でも、
「あんた戦士でしょ?守ってよ」
と私のDQN発言。
死にたくない母親はウサギばかり狙うので私はイライラしていたんです。
どんどん奥に進む私。それを追いかける母。

そのうち夜が来て、案の定ゴブにタゲられてしまいました。
しかも二匹に。

「逃げろ」と母親が言い、私も必死に逃げました。
それでもだんだんとHPが削られて黄色から赤になり、
もうダメだ、と思っていると後ろで挑発が。
一瞬振り返ると母が挑発を使っているじゃありませんか!
びっくりしていると
「絶対会費」
といわれ。お母さん誤字だよ!!と思いながらも忘れていてた絶対回避を使用。
城まで一直線に走っている途中、母親のHPが黄色になり、赤になり、やがて0に。
私は母のお陰で生きて逃げ延びました。

サンドのホームポイントで合流した時、私は泣いていました。
「ごめんね、お母さんごめん」と謝ると彼女は
「戦士っぽかったでしょう?」と誇らしげに言いました。

あれから母親とほぼ常に一緒に組んでいます。
キーボードにも慣れてきて会話もそこそこスムーズになり、
今では母と私と、辻PTも普通に組めるようになりました。
中にはいつも一緒に組んでいる母以外の人も居ます。

お母さんありがとう、ごめんね。
一緒にサポジョブ取ろうね。もうすぐだよね。

106 :既にその名前は使われています
素で涙でてきました。いい話をありがとう。
うちの母は絶対FFなんてしないけど、久しぶりに顔を見に帰ろうかな。

108 :既にその名前は使われています
感動した!親子でFF。いいねぇ。

109 :既にその名前は使われています
> 「絶対会費」
> といわれ。お母さん誤字だよ!!と思いながらも

ここワロタ!
やべぇ、笑いすぎて涙出てくるよ。


 

posted by Yukis 16:36comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:36 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/128


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。