The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP155:これが僕の・・「バストゥークを離れて」 | main | EP157:赤いリボンの女の子 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP156:【閑話】「生きてこそ」「命に代えても

749 :既にその名前は使われています
祝福や、挑発、ぬすむ+絶対回避等でタゲ取りで誰かが犠牲って話は止めませんか?
勝手に死なれて迷惑です。自分たちだけ生き残って他人が死ぬのはひどく苦しいです。
これで自己嫌悪に陥りFF11を止めようかと悩んだ人もいます。(相談を受けました)

これらを美談にすると「当たり前のように死ぬ」人が増えます。
自分が犠牲になって人助けをすれば本人は気持ちいいかも知れませんが、助けられた人の中には責任を感じる人も多いのです。

自己犠牲は美談ではありません。
人 を 苦 し め る 行 為 で す

お願いです。誰かが犠牲になる話はもうしないでください。

752 :既にその名前は使われています
>>749
正論。
まぁ、ゲームなんだから恩恵を受けた方も気楽に行こう。
リアルなんて人がぶっ倒れても、ケアルどころか(当たり前だが)声もかけない。
みんな素通りなんだよ。(自分も含めて)

ほんとにいいやつなんて滅多にいないと思えば
FFでの恩恵も甘んじて気楽に受けれるもんだ。

753 :戦士の気持ち
>>749
人の考え方にもいろいろあるのでこれも考え方の一つって事で
俺の場合は、リンク(その場で沸くなど)してPTが全滅の危機に陥ったら
一人挑発して反対方向に逃げます。
何故か? そんなのは街やエリア移動して周りに迷惑を掛けたくないから
みんなで逃げれば逃げれて確かに全員生き残れるかもしれない
でも、PT以外にも人が居る中で俺には出来ん
もちろん、白様は基本的にみんなが生き残る事を希望している事は知っているから
反対に逃げても全力で逃げるようにはしている
こういう行為が美談とは思わないけど
人によっては自分の命を救ってくれてありがとうという人も居るんですよ
俺も「にげてください」と言っても逃げずに残ってくれる時は嬉しいです。
もちろん次は強めに「にげろ!!!」と言いますが、
気遣ってくれる気持ちだけで嬉しいもんですよ。
長文スマソ

754 :既にその名前は使われています
>>749

ていうか死んで本望とおもっているんだから、それはそれでいいじゃん。
世の中には様々な方がつなげているんだ。
そういう「プレイスタイル」だってあるんだぜ?

それを
>自己嫌悪に陥りFF11を止めようかと悩んだ人もいます
なんて思もうのは勝手だ。

ていうかこんな程度で辞めると思うのは弱い奴の証拠だ。

いっておくがモンスターとの戦争なんだぜ?仲間の屍を乗り越えて進撃する
こともある。
自己嫌悪に陥る、平和ボケした奴は辞めて正解かもな(藁

758 :既にその名前は使われています
>>749
まー気持ちは分からんでもないけどね。
でも死んだ事自体が美談、って話はあんまりないと思うんだけどな。
犠牲者が出た事でポロっと出てきた人の優しさや温もりが美談なんであって。
まあ「安易に死ぬな」っつーのは大いに賛成。

ただ既出ですが「覚悟の犠牲」で助けられたら「すいません」じゃなく「ありがとう」を。
その後のPTの雰囲気が随分変わります。あ、「被害者」に言わないよーにね。

759 :既にその名前は使われています
>>749
ナイト取りなんか、LV30PTで確実に取ろうと思ったら
ナイトかシーフの犠牲が必要だし…
作戦上で死んで貰う方がよっぽど辛いです。

760 :既にその名前は使われています
>>754
>ていうか死んで本望とおもっているんだから、それはそれでいいじゃん。
だからそれを考えなおして欲しいってのが>>749のレスだろう。
本当にいざという時「死ぬ事を厭わない」のと「死んで本望」と
安易にヒロイックな死を選ぶのとでは違う。
戦士だって祝福した白のタゲを剥がせず死なせるのは嫌だろう。
白だって戦士犠牲にして逃げるのは嫌な物なんだよ。
だから「安易に死ぬな」と。


posted by Yukis 16:52comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 16:52 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/156


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。