The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP176:彼らたちの戦い、それぞれの物語 | main | EP178:ほら、世界はこんなに暖かい >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP177:ハードボイルド

440 名前:既にその名前は使われています
セルビナの門の両脇にたたずむオレ赤26と白27…
別に警備隊気取りでいるわけでもない
ただチマチマと経験値を稼ぎつつトレインしたモンスが来れば各個撃破
自然に白さんと危なくなったらお互いに回復魔法でサポート
「どうも」「ありがとう」ぐらいの会話しかなかったが別に気まずいことも無く…
1〜2時間ぐらいたっただろうか、ヒールを終えた白さんがスッと立ち上がり
「そろそろウインダスに戻ります」
「はい」
「それでは」
我々はお互いに簡単なお辞儀だけをして別れた

^^もwも使わないドライな会話だったがオレの心は少し暖まった…

442 名前:既にその名前は使われています
>>440
しぶいねェ・・・まったくおたくシブイぜ


posted by Yukis 17:03comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 17:03 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/177


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。