The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP201:グスタベルグ買い物紀行 | main | EP203:黒の系譜につらなる死の香りは因果。されど我、汝を守らん。 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP202:盗賊激励

553 名前: 既にその名前は使われています
私にとってちょっといい話だったこと
フレンドに誘われてエルヴァーンシーフ24歳ジュノデビュー
自分でもちょっと遅いかな?と思ったけど、ジュノだと絶対誘われないから
今もPT参加希望シーフのシャウトが乱れ飛んでる
他のジョブのシャウトはすぐ聞こえなくなるのに、なんでシーフのシャウトはいつまでも聞こえてくるんだろう・・・

そして、ジュノ下層でフレンドのPTに合流
「6人目はシーフさんですねw」
「はい、すいません。よろしくお願いします」
「あやまらんでもwwシーフいいじゃん」
そんなこんなで、にわかシーフ褒め会話になりました
シャレのつもりで
「ありがとうございます、できればそれをシャウトなんかで・・・」と、言ったところ

PTメンバ1「シーフ最高〜〜〜〜」
PTメンバ2「シーフ最高!!」
知らない人1「ありがとーーーー」
知らない人2「そうだ!シーフ最高!!誘え〜」
知らない人3「シーフ最高!!??」
知らない人4「応援せんきゅーーー。がんばるよーー」
PTメンバ3「シーフ最高〜〜(^^)/」


沢山シャウトが並びました。
わたしはちょっと呆れたけど、すごくうれしかった
私を含めて、少なくても5人のシーフが癒されました
シャウト効果があったかはわからないけど、活躍できるシーフが増えるといいな
私もがんばってシーフの良さをアピールしよう!
こんなPTに誘ってくれたフレンドにも激感謝!!
posted by Yukis 13:34comments(4)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 13:34 |-|-


この記事に対するコメント











昔は赤も誘われないジョブNo1の時代があったので気持ちは良く分かります。
あの頃に固定PTに付き合ってくれた人たちは今でも大切な友達です。
れい | 2004/10/04 11:05 AM


こういうの嬉しいよね^^
hydius | 2005/05/18 6:17 PM


え、ええ話や;;
Twofourfour@Asura | 2005/06/07 5:11 PM


いいメンバーそろってよかったですね。後の狩りもきっと楽しかったんだろうな
| 2005/11/26 5:19 PM


この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/206


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。