The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< 管理人雑記:LSの話 | main | 【閑話】赤提灯 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP204:蝕む

649 名前: 既にその名前は使われています
昔、ガル白でセルビナの丁度良いトンボをソロで狩ってて毒をくらった。
丁度回復しながらやってたから、MPは空だった。
自然に治るだろうと思って待っていたら、ナカナカ直らないし段々HPが
減っていってとにかくセルビナに行こうと思い走っていると、
HPが間に合いそうも無く、ここで死ぬのかぁと、諦めて立ちすくむと
近くに人が1人いたのでテルしようとしたら間違えて調べてしまって、
慌ててたので謝ろうとしたら、ケアル2してくれました。
その後、ポイゾナして頂けました。
お礼をいって別れましたが、MPが足らなければ何も出来ない、誰も
助けられないと自分が悲しくなりました。
これからもっと皆の役に立てるようになりたいと思った(ガル白ですがね)


652 名前: 既にその名前は使われています
>>649
毒持ちのいる狩場では、毒消しを1ダース持ち歩いて300〜500でバザるといい。
「ポイゾナ掛けて」と言えないシャイな奴も助けられるし、
自分が戦闘中でも問題なし。いざという時は自分でも使える。
安く売りすぎると買い占められちゃうので300程度がいいかと。

小銭稼ぎに始めたんだけど、以前ここに書いたらやたら持ち上げられたんで
やめるにやめられなくなったよ……。


653 名前: 既にその名前は使われています
>>649
よくある話だけどあの人かな?
なんか白なのに座らないでおろおろ動いてて
変だなあと思って、HP見てみたら減ってるのわかったんだよね。
死を覚悟する前にセイでいいから「毒です、助けて」って言って下さいな。
MPだけが人を助けるんじゃないよ、助けようと言うキモチがお互いを助けるんだよ。
ガル白ガンバレー/cheer
posted by Yukis 15:32comments(1)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 15:32 |-|-


この記事に対するコメント











わたしは「毒です〜!」とsayしながら町に向かって走ります。
昼間だと「poison」と叫びながら(シャウトはしませんけど)走ります。
ちゃんと外人さんもポイゾナやケアルしてくれます。ホント嬉しい。

一度、モグハウスまで行けるかと思って走ったら、結局手前で行き倒れ。こういうときバザー見られるとちょっと悲しい。
でも、レイズいただけるまで待ちます。

いつもこんなことばっかりですいません。
れい | 2004/10/04 10:32 AM


この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/210


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。