The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< 【閑話】赤提灯 | main | EP206:いつかの約束〜想い出は永煙に。 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP205:アップルパイと白タルと。お次はエッグタルトでも如何?

756 名前: 既にその名前は使われています
良い話かわからないが、暇なので書いてみる。

漏れは調理人。
調理人の性で、いつもPTメンバーについ手作り弁当配っちゃう。

そんなある日ジュノで野良PT組んだ。
その日も、もちろんメンバーに弁当配った。
中に白タルの女の子がいて、その子にはアップルパイを1個あげた。
白タルは早速もぐもぐ食べて、「MP25も増えたよ!」と
踊りながら大はしゃぎしてた。
冒険終えて解散する時、その子が「友達になってください。」と言うので
フレンド登録した。

それから1週間くらい経ったくらいかな、ポスト確認すると
トカゲの卵が1ダース入ってた。差出人は白タルだった。
メッセージも来てて、「この前はアップルパイありがとう。
調理する人が喜ぶと聞いたので、タマゴ集めました。ぜひ使ってください。」
みたいなことが書いてあった。

漏れは恥ずかしながら廃人のため、ほとんど1日中ヴァナにいる。
フレンドリストもわりと頻繁に確認してる。
その子がPT組んだ後、ほとんど毎日早朝1〜2時間くらい
ずっと涸れ谷にいた事も知ってた。
タマゴより白タルの律儀な一生懸命さがうれしかった。
うれしくなってアップルパイ5ダース送り返したら、白タルがおびえてました。
正直、やりすぎた。
でも、それかずっと白タルとは仲良しです。


758 名前: 既にその名前は使われています
>アップルパイ5ダース
ワラタ
良い話だね


759 名前: 既にその名前は使われています
>>757
5ダースはやり過ぎだけど、ほのぼのしててイイ!
posted by Yukis 14:09comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 14:09 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/212


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。