The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP26:萌えタル再び | main | EP28:モンクの生き様 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP27:生きることの意味

877 :既にその名前は使われています
枯れ谷の奥深くから、はぐれた人を迎え+落ちる人のお見送りで入り口
に戻る途中、はぐれた人がゴブにやられ死亡。
そのゴブが途中の仲間ひきつれてPT本体の所へ大トレインを持ってきた。
パーティリーダーの”入り口へ逃げて!”で全員猛ダッシュ。3人死亡する
も3人が無事生還。
落ちる人がしきりに”生き残って申し訳ない”と恐縮してると、挑発で敵
引きつけながら死んだガルカのパーティリーダが

「生きてくれた方が嬉しいです。死んでログアウトなんて哀しすぎ」

!!!
かーっ、オイラあんたのその尻尾に惚れるよ。

鞄鯖でのお話ですた。

878 :既にその名前は使われています
>>877
リーダは骨身を削るのが仕事のような物だからね
でもやっぱりそう言うPTはいいなぁ。
かく言う俺もPTのリーダだったりする・・・ああ自信ない(鬱

879 :既にその名前は使われています
>>877
ジーン…
そんなリーダのいるPTに入りたいものです。


posted by Yukis 13:27comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 13:27 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/27


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。