The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP28:モンクの生き様 | main | EP30:君と共に >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP29:救わない白、救えない黒

939 :既にその名前は使われています
この前ソロで谷に居たらリザードの攻撃を喰らって毒状態になってしまった。
HPがどんどん減って行き、とうとうHPは10に。
そこに白魔導師と黒魔導師がやってきたので
「すみません!そこの白魔導師さん。
もし余裕があればこちらにケアルをかけて頂けませんか?」
と声をかけたら、白魔導師さんに「いくらかお金くれますか」と答えられたゾヌ
漏れは気が動転して、何て言えばいいのかあたふたした。そして毒で死んでしまったゾヌ
死体状態になった漏れの前で白魔導師さんは「しんじゃった」と言っていなくなってしまった。
物凄いショックに襲われていた漏れに、後ろにいた黒魔導師さんがsayで
「私が白魔導師だったらきっとあなたにケアルしていました。落ち込まないでね」
と言ってくれたゾヌ。この一言にとても救われました・・・
posted by Yukis 13:29comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 13:29 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/29


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。