The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP52:【閑話】吉野家ヴァナディール駅前店 | main | EP54:ソラを見上げた、そしてオモッタ >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP53:偏見

396 :既にその名前は使われています
ソムログでの出来事です。
漏れは戦士20でジュノでチョコボ免許取りにいくとこでした。
その前タロンギのアウトポストで道に迷った黒樽に会ったんです。
漏れがジュノへ行く事を告げると一緒に行きたいと言ってきたんです。
旅は一人よりも仲間がいた方がたのしい。

そして漏れはそいつとソムログへ入りました。

ソムログへ入ってしばらくしてジュノに近づいてきた時、
運悪くゴブに絡まれたんです。
見る見るうちにHPが減っていく。
したらいきなり黒樽がメンバーから離脱したのです。。。
こいつ、一人で逃げるのかよーーと、
そう思ったとき、バインドかけたのです。

黒「はやく逃げて!ジュノまであと少しでしょ」
えっ!?まさか漏れのために!?
好意に甘えて必死に逃げました。

その後無事にジュノへたどりついたものの、
言うまでもなく彼はデジョンしました・・・

 
posted by Yukis 14:21comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 14:21 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/54


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。