The good story of   Final Fantasy XI

FF11ちょっといい話書庫


<< EP53:偏見 | main | EP56:想いは今も。 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク |-|-





EP54:ソラを見上げた、そしてオモッタ

417 :既にその名前は使われています
始めの頃からPTを組んでいた
しかしLv差が開き
こっちからもあっちからも誘いづらくなったね
たまにすれ違うとき
PTをひきいてるのに
わざわざ止まってくれたね
そして「一緒にやらない?」と言ってくれた
しかし足手まといは目に見えてるので
断ると
それをわかってくれて
tellで「今度は二人で組もうね」・・・

そして時がたち
ますますPT組みづらくなり
忘れかけた頃
tellで「遠くに行くことになりました」
「またPT組めるといいですね」・・・・・・
そう君は言った
だけど二人とも分かってたね
もう「また・・・」は無いってことを・・・・・・・
二人で過ごした時間は思い出の一部になったんだね
もうPTを組むことがない君へ送ります。
posted by Yukis 14:24comments(0)trackbacks(0)





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 14:24 |-|-


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ff11goodstory.jugem.jp/trackback/55


昨日 今日
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。